スポンサーリンク

ウイルス対策!抗ウイルス/抗菌機能コーティング剤をお試ししてみた!

その他
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、マイアです。

このご時世、とにかく除菌‼消毒‼と考えている方も多いと思います。

とはいえ毎回毎回、家中を除菌・消毒して回るのは大変なこと。

わたしも、毎日の除菌や消毒に神経をすり減らし疲れてしまいました…。

そこで今回は、日本ライティングさんからご提供いただきました

「抗ウイルス/抗菌機能性コーティング剤」をレビューしていきたいと思います!

それでは、さっそくレビュースタートです♪

スポンサーリンク

抗ウイルス/抗菌コーティング剤とは?

機能性コーティング剤をベースに「ウイルス」「細菌」「カビ」に対して不活性化、増殖抑制、増殖阻害させる

機能を持ったコーティング剤とのこと。

塗るだけでとても硬い抗菌塗膜を形成し、抗ウイルス/抗菌が長時間持続するとのこと。

カビにも効果があるとのことなので、梅雨の時期にもいいかも!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤の使い方

効果があるのは分かりましたが、問題は使い方ですよね。

特殊な機材や器具、またとても面倒なら正直やりたくない…。

説明書を確認してみると驚くほど簡単で拍子抜けしました!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤の使手順

コーティングの手順は次の通りです。

①コーティングしたい部分の油分や汚れを取り除く。

②付属のスポンジにコーティング剤を適量染み込ませて、コーティングしたい場所に塗布。

③コーティング後、水分が付着しないように気を付けて10分程度待つ。その後は触っても大丈夫!

④8~10時間で完全に硬化する。

ね!とっても簡単ですよね!とりあえず、きれいに掃除して塗って待つだけ!(ざっくりすぎる解釈 笑)

これなら忙しくても、なんとかさっと出来そうです!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤を実際に使ってみた!

箱を開けてみるとコーティング剤・スポンジ・手袋・シールが入っていました。

ボトルのサイズ感としてはこんな感じです。しっかりとした瓶に入っています。

スポンジはグレーのほうが塗布面とのことなので間違わないように気をつけましょう。

スポンジにコーティング剤を染み込ませて、塗布していきます!

今回は電気のスイッチをコーティングしてみました。

本当に簡単で、強いアルコール臭もありませんでしたし、

塗布後少し時間を置いてさわってみましたが、べたべたしたりすることは全くありませんでした。

これなら賃貸物件でも安心して使えそうですね!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤のおすすめ箇所

抗ウイルス/抗菌コーティング剤をこんなところに使うといいなと

思ったところを挙げていきたいと思います!

(※念のためご使用前にあらかじめ目立たない箇所で試すなど確認をしてください)

・ドアノブ全般(とくに玄関!)

・インターホンやポスト

・キーボードやマウス

・トイレ回り

・窓(カビ対策におすすめ)

・ベビーカーの持ち手

・リモコン  など色々なところに使えて便利ですね!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤の持続期間は?

さて、気になるのは抗ウイルス/抗菌コーティング剤の持続期間ですよね。

家中のドアノブや頻繁に触るところをコーティングしてもすぐに効果が切れてしまうと悲しい…。

公式サイトを確認すると、コーティング剤が硬化皮膜を形成するので基本は約3か月持続するとのこと。

頻繁に触る場所は約1か月とのことでしたが、それだけ持続するのはすごいなと感じました。

例えば月1回のお掃除ルーティーンに組み込んじゃえば、そんなに苦じゃないなと思います。

抗ウイルス/抗菌コーティング剤は使い勝手がよさそう!

抗ウイルス/抗菌コーティング剤のレビューいかがだったでしょうか?

使い方も簡単で分かりやすく、持続期間も長いのでとても使い勝手がよさそうだなと感じました!

より詳細を知りたい方はこちらのページから↓

※注意:こちらの商品について一部公式様より引用させていただきます。

・使用状況により効果継続期間は変わります

・全てのウイルス、菌に対して効果があるわけではありません

・病気の治療や予防を目的とするものではありません

・抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません

・本製品は医薬品、医薬部外品ではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました