スポンサーリンク

【歯列矯正】マウスピース矯正インビザラインで歯列矯正をしてみた!~矯正を始めるきっかけ編~

その他
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

今日はわたしが現在も行っているインビザラインでの歯列矯正について書きたいと思います。

もう、インビザラインで歯列矯正を始めて4年目くらい?になります。

歯列矯正の段階を写真でのせようと思うのですが、あまりきれいな写真ではないですし、

苦手な方はスルーしてくださいね。

(この回には歯の写真はありません。次回、~経過編~から掲載しようかと思います。)

でも、わたしは歯列矯正をして本当には並びがきれいになりました!

歯列矯正を迷っている方や悩んでる方、実際にやっている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

歯並びのコンプレックス

わたしは前歯の横の歯が八重歯ではないけれども、少し上に上がっていて

笑うとバランスが悪く、少し出っ歯気味。中学生くらいから写真を撮るときはあまり口を

開けて笑わないようにしようと思っていました。

片方だけ歯茎もさがっているので、おもいっきり口を開けて笑うとなんだか違和感のある見た目。

しかも、前歯だけすごく大きいので余計に目立ってします。

いつも歯並びのきれいな友達をうらやましく思っていました。

大人になってからもそれは一緒で、口元がきれいな人はいいなあとコンプレックスでした。

歯列矯正を始めたきっかけ~いちご🍓事件~

わたしが歯列矯正を始めたのは、ある事件がきっかけでした。

ある朝、起きて出社するために朝ごはんにいちご🍓を食べていました。

すると、前歯で一口かじったときに「ぐにゃん」と変な感触が…。

え?と思っていちご🍓をみると白い、小さな物体が。よく見ると「歯」!!!

びっくりしつつ、とっさに取り出して何を思ったか、わたしは歯が元あった場所に

その歯を差し込みました笑

痛みより何より会社にいかなければという、素晴らしき社畜精神。笑

とりあえずマスクをして出社。当時、全力の社畜OLだったので何があっても出社です。

そんな「お願いマイメロディ」にありそうな展開で歯が折れてしまったわたし笑

退社後、歯医者へ行って事情を説明。先生絶句。

「いちご🍓ってあのいちご🍓ですか…?わたしの知らない、いちご🍓…?」と大混乱。

取り急ぎ、応急処置として歯の裏にワイヤーを通し医療用のボンドのようなもので固定。

今後については後日ということになりました。

折れた歯どうする…?

後日、歯医者さんと相談。

歯が折れた原因はどうやら、小さいときに歯の治療をした際に使った虫歯の治療の

薬だと思うとのこと。体質に合わない薬で虫歯だった部分を埋めたので、その薬が

歯にじわじわと長い時間をかけて悪い影響を及ぼし、ついに歯の根っこまで達し

ポキッといってしまったのではないか。

このまま医療用のボンドでくっつけていても、結局は取れてしまうので

折れた歯の部分にインプラントにするということになり、

別の歯医者さんを紹介してもらうことに。

インプラントは出来ない

ご紹介いただいた歯医者さんへ。

診察をしてもらうと問題が発生。折れた歯が小さく、今まで生えていたスペースも小さいため、

このままではインプラントは出来ないとのこと。

わたしの場合インプラントをするには、歯と歯の間を広げる歯列矯正が必要とのこと。

歯列矯正か…。ん?歯列矯正?もしかして、歯間を広げられるならせまくすることも

出来るのでは?と思い先生に質問。そして、わたしはこれまでの

歯のコンプレックスを思い切って先生に相談してみました。

そうすると、こんな回答をしてくれました。

「折れた歯の部分を左右から縮めるような形で歯列矯正を行うことはできる。

しかし、かなりの時間が必要だしかなり痛いと思う。気にならない程度だとは思うが

笑ったときの歯の中心が少しずれるのでもしかしたら見た目の違和感があるかもしれない。」

わたしはそれでも、歯間を広げてインプラントを入れるよりは中心が少しずれても

歯間を縮めて出っ歯を解消し、あわよくば歯並びを良くしたいと伝えました。

難しいとは思うが、一度シミュレーションをしてみるとのこと。

マウスピース歯列矯正インビザライン

シミュレーションの結果が出たとのことで再び歯医者さんへ。

思っていたより中心のズレも気にならないし、

この方向でやってみてもよいかもしれないとのこと。

ぜひこの方向でと回答し、さっそく歯列矯正の方法の相談に入りました。

わたしはこれまで歯列矯正というとワイヤータイプ(よくある金属の金具)は目立ってしまうし、

どうしても嫌で。これまで何度か歯列矯正をしようと思ったのですが、このワイヤーで

いつも断念してしまっていました。

でも、今回先生が考えてくれたのは透明なマウスピースで歯列矯正を行う

「インビザライン」という歯列矯正!!透明なマウスピースを使うので目立たない!

マウスピース矯正インビザラインとは?(下記公式サイトより引用)

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です! 一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

当時、営業職でお客様の前に出ることが多かったため、

透明で目立たないマウスピースで歯列矯正ができるのは本当にありがたい

さっそく型取りをしてもらい、マウスピースが出来るのを待ちます。

この型取りもなかなか、しんどかったです。やわらかいシリコンのようなものを

口の中に押し込み、歯型を取っていきます。シリコンのようなものが固まるまで

とにかく我慢。すっごく苦しかったですが、なんとか乗り切りました。

インビザラインで歯列矯正開始!

歯医者さんよりマウスピースが出来上がったとの連絡が。さっそく歯医者さんへ。

マウスピースを人生で初めてはめたのですが、痛い!とにかく痛い!激痛です

はめるのもかなり痛いのですが、外すときも痛い!つまり常に痛いのです。

この状態で1日22時間以上装着するなんて無理だー( ;∀;)と初日から思いました笑

本当に痛すぎて、最初の1週間は固形物をほとんど食べられず。

ゼリーやヨーグルト、おかゆ、スープなどで頑張りました…。

【歯列矯正】マウスピース矯正インビザラインで歯列矯正をしてみた!

~歯列矯正経過編~に続きます。

次は経過の歯並びの写真を載せます☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました